草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 刈り払いを行う際の注意

刈り払いを行う際の注意

農家等の刈り払いの際、よく言われることが、「雑草を刈り取らない」ということです。
これは、土手や堤防が崩れてしまうことを防ぐためです。堤防や土手は、雑草等の植物の根によって固められていることも多いため、安易にそれらを刈り取ってしまうと、崩壊を招く事になります。
また、刈り払い機を使用している農家のうち、ヒヤリ・ハット(重大な事故には至らないが、事故に直結してもおかしくないもの)を経験していると答えたのは全体のおよそ9割にものぼり、農業機械の事故の多くがこの刈り払い機によるものなのです。この事から一般家庭で使用する際にも刈り払い機の使用には最善の注意を払う必要があるといえます。
さらに、排気ガスの吸引を防ぐためのマスクや、広範囲・長時間の刈り取りが必要となる場合には防振用の手袋や耳栓等も着用しておいた方が良い等、自分自身で行うには少々面倒な作業です。
事故の原因として刈り取った草が絡まり、作業効率が悪くなると考えて、刈り払い機の防護カバーを外して作業することが挙げられますが、防護カバーを外しての作業は非常に危険ですので、刈り払いも経験豊富で効率的な作業が可能な草刈り専門業者に依頼をすることをお勧めします。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

草刈りのあれこれ

ページの先頭へ