草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 草刈りに使用する道具について

草刈りに使用する道具について

草刈りの道具には様々なものがありますが、使用する場所や用途によって分類することができます。
大きく分けると、動力式と手作業用の物に分かれます。動力式のものは、ガソリンエンジンやバッテリーなどを搭載し、回転式の刃を使って草を刈っていくタイプの物で、主に広範囲の作業に適しています。手作業用の草刈りの道具については、立って使用するものと座って使用するものに分かれます。立って使用する草刈りの道具には、森林の下草刈り等にも用いられるものがあります。長い柄を持っているので、立ったまま作業を行う事ができ、しゃがみこんで作業するよりも体力的な負担が小さいのが大きな特徴です。一方、座って使用する草刈りの道具には三日月鎌や信州鎌などがあり、刃の形状や角度で名称が変わってきます。手作業用の道具は、小さな範囲、または機械式のものでは刈ることの出来ない狭い場所の作業に適しています。
また、刈る草が柔らかいのか、硬いのか、太さなどによっても鎌の種類を変える必要があります。
鎌は刃物ですので、使っているうちに刃が悼んできますので、定期的に砥石を使って研ぐことも必要になります。
プロは、草刈りの道具を適切に使い分けることで、効率よく作業を実施します。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ