草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 草刈り鎌について

草刈り鎌について

草刈り鎌には、使用される場所やその形によって様々な名前がつけられており、それぞれに適した使い方があります。その中でも、一般に多く普及しているのは三日月鎌と信州鎌という種類の草刈り鎌です。三日月鎌は日本全国に広く普及していますが、信州鎌は主に関東甲信越地方で使用されることが多いものです。
二つの鎌の大きな違いは、刃の形と角度です。三日月鎌は刃の幅が狭く、信州鎌は広くなっているのが特徴です。また、柄に対する刃の角度にも特徴があり、三日月鎌は柄に対して平行についているのですが、信州鎌では柄に対して若干角度がつけられています。信州鎌では刈った草が、鎌の動きが止まった位置に集まりますが、三日月鎌ではその場に落ちて生きます。
この二つの草刈り鎌以外にも、ねじり鎌、のこ鎌、カット鎌、コンコン鎌などがあります。これらの草刈り鎌は刈り取る以外にも、引っ掛ける、のこぎりの様に太目の枝を切る、地面ごと削り取るなど様々な使用法があります。柄の長さにも様々なものがあり、同じ刃先でも、座って作業できる短い柄の物から、立って作業をする事を前提にした長い柄の物もあるので、草刈り鎌は使用する環境や体格に応じて適切な長さの物を選ぶことが必要です。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

草刈りのあれこれ

ページの先頭へ