草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 草刈り方法と効果の違い

草刈り方法と効果の違い

草刈りの方法について

草刈りをする際にはどのような方法を使うと良いのでしょうか。それぞれ草むしりのように手を使う場合や、薬を使った除草などについて見ていきたいと思います。草むしりにも、除草にもそれぞれの特徴などがあると思いますので、その点を見てどういった草刈作業をすべきなのかを考えてみましょう。

それぞれの方法について

【草むしり】
何の道具も使わずに、雑草を道具なしで抜くのが草むしりです。根っこから素手で抜くために根を残すことはありませんが、抜いた草から種が落ちる場合があるのでその点を気をつけないといけません。また手が汚れ、草抜きで手が痛い状態になるかもしれません。

【鎌】
根元から草刈り鎌で刈っていくのが、道具の鎌を使った方法です。手作業が面倒な広さであれば庭でも面倒なために小型のもので鎌刈りをしますし、広い場所では大鎌を使った鎌刈り作業をすることが多くなっています。

【草刈り機】
敷地面積が広い場所では一般的に使われるものです。電動、エンジン式のものがあります。一般家庭では簡単な道具の電動を選ぶことが多いようです。電気があれば動くので、コンセントさえ挿すことができればどこでも使えます。

【除草剤】
除草剤散布で草を立ち枯れ状態にするものです。除草能力によって薬の違いがあり、除草剤散布作業のみで草を枯らすことができます。

それぞれの効果について

【草むしり】
何の道具も使わないのでやや大変な印象がありますが、道具による危険性もありませんし費用もかかりません。狭い場所なら効果的ですが、広い場所では効率が悪いという欠点があります。

【鎌】
鎌刈り作業の場合だと草の根が残るために完全な草の処分はできませんが、一時的に草の生長を止めるために草の面積が広がるのを防ぐ予防効果があります。

【草刈り機】
草刈り機は鎌での作業をより簡単にできるのですが、回転する刃によって起きるの飛び石対策をしないといけません。

【除草剤】
薬を撒くだけで処分することができますが、薬の扱いを間違えると残留した薬によって吐き気や皮膚炎などが発症する危険性があります。

以上のように、それぞれの草刈り方法にはメリットもあればデメリットの部分もあります。その効果を見極めて使い分ける必要性がありますので、より効果的な草刈りを望むのであればその効果などをよく知る草刈り関連業者に依頼をすると良いでしょう。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

草刈りのあれこれ

ページの先頭へ