草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 刈り取った草の処分方法

刈り取った草の処分方法

刈り終わった草はどうするべきか?

広いお庭や畑は、有効に使えばご家庭に多くのメリットをもたらします。農作物を作ることも可能ですし、ガーデニングでお庭を鮮やかにすることもできます。しかし、広い土地を活用する上で、厄介な存在があります。それは、雑草です。毎年のように雑草に悩まされるご家庭も少なくないでしょう。雑草の対策として、砂利などで舗装したり、除草剤を散布するという方法もあります。しかし、ご家庭の事情によってはそれらの方法を採用できず、一本一本草むしりをしたり、鎌などで草刈りするというケースも多いでしょう。そうして汗水を流して刈り取った雑草は、どのように処分すれば良いのでしょうか。

正しい処分で雑草とお別れを

かつては、草むしりの後はご家庭で野焼きをすることも多くありました。しかし現在では、各自治体の条例により禁止されていることも多々あります。かといってそのまま雑草を放置していれば、せっかく草むしりした雑草が再び根付いたり、種が落ちてしまうということもあります。そうなれば再び草むしりが必要になるので、迅速に適切な処分を行うようにしましょう。
それでは、どのような処分方法があるのでしょうか。自治体にもよりますが、雑草は「燃えるゴミ」として処分することが可能です。抜いたばかりの雑草は水分を多く含んでいますし、根には土も多く付着しています。ゴミ袋に詰める前に、乾燥させると良いでしょう。
また、雑草を堆肥(たいひ)にして有効活用するという方法もあります。保水性・排水性・通気性などに優れた堆肥は、草木をより元気に生長させてくれることでしょう。堆肥を作る際は、堆肥枠や酒粕、米ぬかなどを利用することもあります。しかし簡単に作る場合は、大きめのビニールなどで覆い、時折温度や水分の調子を見ながら混ぜるだけでも問題ありません。雑草の伸びやすい春から夏にかけては、堆肥の発酵も進みやすく、たいひ作りに適した季節でもあるのです。

簡単な処分方法とは

上記の方法は決して難しくありませんが、時間や手間はかかります。堆肥作りを採用した場合、臭いや害虫の発生による苦情もありえます。より確実に、楽に雑草を処分するためには、業者の力を借りるのが一番でしょう。草刈りを行う業者の多くは、草刈り後の処分にも力を発揮します。業者によっては、処分だけ請け負ってくれることもあります。費用は掛かりますが、草むしり後の選択肢として覚えておくと良いでしょう。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ