草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 草刈り後の雑草対策

草刈り後の雑草対策

雑草が生えてきたら

家の庭や敷地内にいつの間にか生えてくる雑草。最初は気にならなくても、草丈が伸びて生えている面積が広くなってしまうと、草刈りや草むしりをしようとお考えになるのではないでしょうか。雑草が生え放題、伸びっぱなしの状態では、家全体の印象が悪くなってしまいます。また、害虫や野生動物の住み家にもなってしまうこともあります。ガーデニングに力を入れている方ですと、育てている植物の生長の妨げになるのではと心配されるでしょう。家の景観維持、良好な環境を守るなどの点から、雑草は放置せずに草刈りや草むしりを行うことが必要です。

刈り草はどう処理する?

草刈り機を使う、手作業で草むしりをする、どちらにしても草刈り後には刈り草の処理が必要となります。刈り草の量が少なければ、自治体のゴミ回収に出すことができる地域もあります。しかし、ゴミ袋がいくつも必要になる量ですと、回収してもらえない、集積場所に持っていくのが難しいというケースも。堆肥化のために土に埋めるという方法もありますが、こちらも量が多ければ埋めるのが大変です。その点、草刈り業者に依頼すれば、草刈り作業から作業後の刈り草の処分までを任せることができます。

草刈りをした後が肝心!

雑草はとても生命力が強いため、草刈りなどをしてもまた生えてきてしまいます。また、土の中に種があると、作業後に新しく生えてくるのでとても厄介です。雑草が生えてこないようにする・草刈りの頻度を減らしたいとお考えであれば、草刈り後の対策をしっかりと行うことが重要です。例えば、除草剤を撒く、防草シートを張るなどが挙げられます。除草剤や防草シートなどは、ガーデニング用品店やインターネットでも購入できるので、簡単に雑草対策が行なえます。また、草刈りを請け負っている業者には、除草剤や防草シートの施工にも対応しているところがあるので非常に便利です。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

草刈りのあれこれ

ページの先頭へ