草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 冬の芝生のお手入れ方法

冬の芝生のお手入れ方法

冬の芝生はどうなるのか

芝生を庭で面倒見ている方は大勢いらっしゃいます。芝生の手入れをして、ガーデニングを庭でやっている方は冬の芝生をどうされているのでしょうか。
芝生は冬になると茶色に変色しますが、完全に枯れた訳ではありません。12月から2月の間は冬季に入り、休眠期に入りますので枯れただけです。春になればまだ緑色になります。
まだ生きていますので芝生の手入れは欠かさないようにしましょう。

どういったことをするのか

・冬の芝への仕事
冬の芝生への手入れは、まず雑草の草抜きをしていきます。乾燥が激しくなりますので水をあげることを忘れてはいけません。
基本は簡単であるこの2つの作業をやっておけば、その他の作業法はあまり必要がありません。むしろ冬の芝生を踏んでしまうとダメージになってしまいますので、しっかり休眠をさせてあげましょう。
他には枯れた芝の処理を行います。枯れた芝は病気の原因、害虫の住処になりますので間引きをするのです。鎌で刈り取るか、鍬で剥がしてしまいます。
こういった最低限の芝生への手入れをしてあげます。

・やらなくても良いこと
生長をしませんので芝生への肥料は必要な物ではありません。芝生へ肥料をあげる場合は、冬枯れする前にやってあげます。休眠前にあげておけば春先に立派な芝生に育つでしょう。
他にも冬になる前にやることは目土があります。冬の間、休眠をしていた再生ができない芝生に土を被せて保護をしてあげるのです。
また、冬にやってはいけないことは、エアレーションです。エアレーションは土に穴を開けて、土に空気を含ませてあげる作業です。芝生の根元はしっかり張っていますので、根っこのせいで土に新しい空気が入らなくなります。
新鮮な空気不足を防ぐために土に穴を開けるのですが、成長期でない時期にやると根を傷つけたままにしてしまいますので止めましょう。

西洋芝の場合

・西洋芝
これまでのは日本の高麗芝という種類への対応です。高麗芝は暖かい地域で育てやすい芝生と言われていて、病気にも強い種類となっています。
対して西洋芝と呼ばれる芝生は1年中緑色をしているのですが、高麗芝とは反対に暑さに弱くて病気にも弱いので日本では少し育てにくい種類です。
しかし冬場でも緑色ということで育てている方もいらっしゃいますので、西洋芝は冬にどうすべきなのかについてもお伝えいたします。

・西洋芝はどうしたら良いのか
西洋芝は1年中緑色をしていますが、冬になると生長が止まります。そうなる緑色が薄くなったり、黄色になったりします。
肥料はしっかりあげると葉色が良くなりますし、水やりも忘れないようにしましょう。
厳寒と乾燥に弱いので保温と水やりが重要です。寒さにやられて枯らせないようにします。
かなり手間がかかりますが、1年中緑色を楽しむことができるのです。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ