草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 太陽光発電設備の草刈りも忘れずに

太陽光発電設備の草刈りも忘れずに

太陽光発電を妨げる雑草

エコな生活が求められる現代では、企業だけでなく、ご家庭に太陽光パネルを設置される方もいらっしゃいます。日光があれば発電可能な太陽光発電は、現在注目されている発電方式の一つとなっています。
しかし、状況によっては太陽光発電の発電効率が落ちてしまう場合があります。日の光が少ない悪天候の時は言うまでもありませんが、雑草が太陽光発電を妨げてしまう事があるのです。屋根などの高所に太陽光パネルが設置されているのなら問題ありませんが、農地や野立ての太陽光パネルはご注意ください。

雑草がもたらす悪影響

太陽光発電の発電効率を維持するためには、様々なメンテナンスが欠かせません。草刈りもその一つなのですが、もしも草刈りをしなければどのような事が起きてしまうのでしょうか。その被害を見ていきます。

・発電効率の低下
雑草が太陽光パネルを覆ったり、影を落とすようになりますと、発電効率が低下してしまいます。

・設備の破損
もしも雑草が太陽光パネルを覆いますと、影になっている部分が発電できなくなり、電気抵抗が高まってパネルが破損してしまう事があります。最悪の場合、火災を発生させることもあるのです。

・害虫などの増加
雑草が生い茂る場所には、害虫や害獣が増殖する傾向にあります。数が増えすぎますと太陽光パネルが汚されてしまったり、壊されてしまう事があります。

草刈りで保全する

上記のような理由から、太陽光発電の発電効率を維持するためには雑草対策が必要になります。
雑草対策には幾つもの方法があります。例えば、除草剤を撒くという方法もあるでしょう。他には、砂利や防草シートを敷いたり、コンクリートやアスファルトで舗装してしまうという方法もあります。ただし、これらの方法は土壌に影響を与えたり、施工費用が高額になってしまう恐れがあります。
そこで、草刈りという対策をご紹介いたします。最も簡単な方法と言えるかもしれませんが、それだけに安全性も高いですし、除草費用も比較的安価です。草抜きや、草刈り鎌を使って手作業で行うのも良いですが、草刈り機を使用すれば広範囲も作業も楽に終わります。ただし、草刈り機によってケーブルが切断されてしまったり、石が飛んで太陽光パネルを傷つける場合もありますので、丁寧な作業が必要ですが、定期的に行なうことで一度の手間も少なくなり、より効率よく発電ができるようになるかもしれません。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ