草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 防草シートを敷く前に草刈りは済ませておきましょう

防草シートを敷く前に草刈りは済ませておきましょう

雑草対策に有効な防草シート

雑草というものは、土や水さえあればどこでも発生してしまいます。実際に、お庭や畑などの雑草対策に追われている方もいらっしゃるでしょう。雑草は厄介な存在です。そのまま放置していれば、その土地の養分や日光を奪い、本当に育てたい草花や農作物の生長を阻害します。また、環境を悪化させることによって害虫や病気の発生も促してしまいます。
対策としては、地道に草むしりをしたり、除草剤を撒いたりするのが効果的です。しかし草むしりは体力を消耗しますし、体調を崩す原因にもなってしまいます。除草剤は正しく使えば非常に便利ですが、何度も繰り返し散布する手間がありますし、雑草以外まで枯らしてしまうリスクもあります。
そこでおすすめしたい便利グッズが、防草シートです。防草シートは地面を覆い、光が降り注ぐのを防ぐため、雑草の生長を防ぎます。アスファルトやコンクリートで舗装するより簡単ですし、安価で済みます。安全性も高く、長期に渡って雑草の繁茂を防いでくれるため、まさに雑草対策にうってつけなのです。

防草シートを敷く前の準備

雑草対策に有効な防草シートですが、シートを敷く前には準備が必要になります。それは、草刈りです。「せっかく防草シートを敷くのに、草刈りをしなければならないのか?」と思われるかもしれませんが、草刈りを行うか否かによって、防草シートの寿命は大きく変化します。
防草シートも、劣化は避けられません。人に踏まれたり、直射日光を浴びたりすれば、それだけ傷んでいきます。それだけでなく、もしもでこぼこした土の上に敷けば、そこに隙間が発生します。隙間があれば風が吹き込んだり、擦れたりしやすくなるため、劣化が早まってしまうのです。また、安価な防草シートではシートを突き破られることもあるようです。
防草シートを少しでも長持ちさせるためにも、施工前の草刈りが欠かせません。できることなら、きちんと根までむしります。生命力の強い雑草なら、根が生きているだけでも復活してしまうからです。そうして根まで取り除いた後には、土を均し、シートを固定していきます。

更に効果を上げるために

基本的には、事前の草刈りを済ませ、平らな土地にしっかり固定すれば、それだけで防草シートは長持ちします。しかし、更に長持ちさせるのならば、シートの上に庭用の砂利を敷いておくという方法もあります。庭の砂利は美観を向上させるだけでなく、日光や衝撃から防草シートを守ってくれますし、シートの隙間から雑草の種が入り込むのを防ぎます。つまり、シートと砂利の相乗効果が得られるのです。
雑草にお悩みの方は、防草シートや砂利を有効活用することをおすすめいたします。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

ページの先頭へ