草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 山林の草刈りについて

草刈りをどのくらいのタイミングで行うべきか

山林でよく行われている下刈りとは

特に林業では、山林に植えた苗木の成長を妨げてしまいそうな植物を除去する作業をします。これを下刈り(下草刈り)といい、苗木がほかの草木より背が高く成長するまでは毎年夏の時期に行われています。その期間は植えられてから5年から10年ほど続けるそうです。特に杉やヒノキと、その他の草木は光や水の取り合いをしてしまうため、積極的に人が介入して枯れてしまわないように管理し、下刈り(下草刈り)と同時に肥料を与えるなど、手を入れてやることで成長させることができます。しかし、下刈り(下草刈り)は雑草などが成長する夏場に行われるために、とても大変な作業です。例外を除いて基本的には、苗木以外の草木をすべて刈り払ってしまいます。

草刈りを自分で行う時の注意点

山林で草刈りをする際に注意点はあるのでしょうか?一般的に山林は作業場所が狭く、また視界も悪くなっているために除草作業中の事故や怪我などが多く発生します。平地とは異なり、自然の形であるために斜めになっている場所やでこぼこした場所も存在するため、足場がとても悪くなってしまいます。また、落ち葉や苔などで覆われている場所も多く、滑りやすい危険な場所も存在します。特に草刈機を使う場合には転倒による事故が多く報告されているため、自分で除草作業をする場合にはしっかりと足元を確認しながら作業を進めていくことが大切です。
木々の隙間を除草する際には木の幹に草刈機を当ててしまったりしないように注意しながら作業を進めましょう。草刈刃を木の幹に接触させてしまうと、キックバックといって草刈機が跳ね返されてしまう現象が起き、大けがのもとになったりします。また、落ち葉や草によって足元が見えにくい状態になっているため、石跳ねが起きる可能性もあります。
事故を防ぐためにも無理をせず作業をすることが大切です。刃物を扱っているため、いざという時に身を守ってくれる作業着や保護具選びもしっかりと行うようにしましょう。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

草刈りのあれこれ

ページの先頭へ