草刈りのあれこれ

  • TOP
  • 臭いのきつい「ドクダミ」は早めの駆除を

臭いのきつい「ドクダミ」は早めの駆除を

ドクダミについて

ドクダミは繁殖力がとても強く、冬でも枯れない多年草です。水路や道端などいろいろなところに自生し強い悪臭を放ちます。ちぎれた根からでも再生するため除草が難しい雑草として困っている方は多いのではないでしょうか。
処理が難しいのにも拘らず、早めに処理しなければ、一瞬で生え広がるという雑草の代表格です。

防草剤による駆除

先ほど言ったようにドクダミはちぎれた根からも再生するため、手による草取りはもちろん重機を使った草刈りでもなかなか駆除しきれません。ドクダミを根からしっかり枯らすために良くつかわれるのが強力な防草剤です。
これで根気よく撒けばドクダミは駆除できますが、防草剤を使うと付近に必要な植物が生えていると一緒に枯らせてしまう恐れがあります。さらに、人体にも影響が出るものがほとんどで、皮膚に直接かかったり、吸い込んだりしてしまうと大変危険です。
防草剤には粒剤と液体があります。どちらもドクダミには効果的ですが、液体は粒剤よりも吸い込みや皮膚への付着の危険が高いため、健康に被害がもたらされることもあります。
続いて粒剤についてですが、粒剤は液体よりも効果時間も長く半年近く持つものもあります。液体と違い、吸い込みや皮膚に付着する危険が低いです。
しかし粒剤は風で飛んで家の中などに入ってきてしまう可能性もあります。除草剤で特に粒剤は近隣トラブルの原因になることも少なくないので敬遠される方も多いでしょう。

除草剤の使用は少なめにして、予防をしっかりと

除草剤は、近隣トラブルの原因になるため何度も使いたくない方もいるでしょうが、やはり除草剤を使わなければドクダミなどの厄介な雑草を手で草取りすることはもちろん、道具を使った草刈りで駆除するのは大変です。
表面上、駆除しきったように見えても、何の対処もしなければすぐに再生してきてしまいますし、きりがありません。しかも防草剤で枯らしたとしても、種子が風に乗って飛んでくることでまた生えてしまうこともあり、何度対処しても安心できません。
ですが、防草シートなどを使ってしっかり予防すれば、頑固なドクダミにも対抗できるかもしれません。防草シートは光を遮断することで、雑草の発育を妨げます。
防草シートは環境に影響を与えず、人体に影響もなく近隣トラブルになることはまずないでしょう。ですが防草シートを敷いても薄いものだとドクダミは貫通して繁殖しだすこともあります。
しっかりとした防草シートを使い、雑草の少ない綺麗な状態を目指してみてはいかがですか。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

草刈りのあれこれ

ページの先頭へ