草刈りのあれこれ

  • TOP
  • セイタカアワダチソウが繁茂したら何をすればいい?早めに対処して増殖を防ぐ

セイタカアワダチソウが繁茂したら何をすればいい?早めに対処して増殖を防ぐ

セイタカアワダチソウとは

みなさんは、セイタカアワダチソウという植物をご存知ですか?セイタカアワダチソウはキク科に属する植物で、黄色い綺麗な花を咲かせます。原産地は北アメリカで、日本への伝播は明治末期に切り花用の観賞植物として導入され、戦後になってから日本全国に広がっていきました。
生息環境としては、河川敷、土手、荒地、原野、休耕地などで、温帯の気候を好む植物です。繁殖期は8月~11月のため、秋の植物として認知されています。

増殖を防ぐには

セイタカアワダチソウは、地下深くまで根を伸ばし養分を吸収することができるため、地上部を刈り取っても全て絶やすことはできないという難点があります。その上、周りの植物の養分まで吸収してしまうため、どんどんと背丈が高くなり増殖してしまいます。
増殖を防ぐ方法としては、上辺だけの草刈りでは効力がないため、根からきちんと草刈りすることが有効です。また、花が咲いた後でも、種になる前に刈り取れば種子が拡散するのを防ぐことができます。
草刈り後は、乾燥させてお茶にしたり、オイルや入浴剤を作ったりして活用できますので、早めの対処でセイタカアワダチソウの増殖を防ぎましょう。

セイタカアワダチソウの特徴

セイタカアワダチソウには一風変わった特徴があります。それは、アレロパシーという力を持っていることです。根から特殊な化学物質を出すことで、周囲の植物の生長を阻害するという力です。セイタカアワダチソウは、この力を利用して周りの植物よりもたくさん栄養を吸収し、草丈が伸びていくのです。しかし、この成分はとても強いため周りに植物がいなくなったら、自分自身にまで力が及び成長がストップしてしまうという不思議な植物です。
セイタカアワダチソウのこの特殊な力は人体に良い影響を与えると言われているそうです。草抜き後、乾燥させてお茶にして飲んだり、浴槽に入れてデトックス効果をもたらしたり、喘息を和らげる効果もあるなど良い面もあるため、活用している方もいるようです。
セイタカアワダチソウには良い面もありますが、花粉症をもたらす植物だと信じられているようです。しかし、実際には花粉症とは関係のない植物です。というのも、セイタカアワダチソウの花粉は虫を利用して飛んでいくため、スギのように風を介して花粉を飛ばす植物ではないのです。
周りの植物に被害をもたらすというデメリット以外に、セイタカアワダチソウにはそれほど悪い面はないと言えます。

草刈り業者おすすめナビ一押し

おすすめ草刈り110番

草刈り110番

サイト名 草刈り110番
URL http://kusakari-rits.jp/
TEL 0120-949-868
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

草刈りのあれこれ

ページの先頭へ